2017年06月18日

ハッとする程可愛い女の子に痴漢して挿入までしちゃう鬼畜な僕

今日、マイクロミニの女の子を見つけた。

駅構内でターゲットを物色していた時の事で、しかも思わずハッとするほどの可愛さだった。

スタイルもよく、明るい髪をしていてニーハイブーツをはいたギャルっぽい子だった。

階段を上がれば見える事は確実で、とりあえずそれだけでも良いと思って後をつけた。

マイクロミニだから、歩いているだけでチラチラと黒パンらしくものがチラつく。

普通、この手の子は階段を上がる時に後ろに手を当てたりバックで隠したりするのだが、この子はそんな素振りも見せない。

更に嬉しい事に、この子は1番混む東海道線のホームへ向かうではないか。

階段では5メートル程後ろをついていくと、先程チラチラしていた黒パンがよりハッキリと、かつ尻肉に食い込んでおり、もう俺の理
性は完全にぶっとんだ。

乗り込み際のドサクサだけでも、あの黒パンが食い込んだ生尻を触りたい、という思いで一杯であった。

ラッキーな事に、到着した電車も列を作っている乗客も痴漢をするには絶好の条件。

予定通り、乗り込み際にその子を逃がさないように右手を腰に回しながら、左手で念願の黒パンの食い込んだ生尻をゲット。

その子は困惑したようにこちらを向く。

やっぱり可愛い―。

雑誌のモデルに出てきそうな可愛い子だった。

無視して黒パンをTバックのように更に生尻に食い込ませると、観念したのか下を向いてしまった。

見た目はギャルだが抵抗できないタイプらしい。

それではとことんやってやる。

抵抗がないので、生尻を堪能していた手をマイクロミニを捲り上げるように、前へ回す。

彼女のマイクロミニはは黒パンを尻肉に食い込ませた状態で、前も後ろも腰の辺りまで捲り上げられた。

気がつくと、前の奴が胸を攻めているらしい。

そこは譲ろう。

ブラのホックを外して十分生乳を堪能してくれ。

俺は前を頂くことにする。

前に回した手を彼女の黒パンの前ゴムの上から進入させると、一気に人差し指と中指を彼女の中に進入させた。

濡れてはいなかったが、そんな事はどうでもいい。

彼女は小さな声で、

「や…やめて下さい」

と俺に言った。

俺は彼女の耳を舐めながら、

「こんなミニに黒パンを穿いて、触られたいんだろ」

と言ってやった。

彼女は無言だった。

2本の指を彼女の中に入れたまま、時々クリトリスを刺激したりしながら抜き差ししていると、さすがに濡れてきた。

彼女の黒パンは俺が前から手を突っ込んでいる為に、半脱げ状態。

空いていた手で後ろ側のゴムを引っ張り、ついに黒パンを太もも付近までずり下ろした。

マ イクロミニはさっきから腰まで捲り上がったままなので、彼女の下半身は前も後ろも丸出し状態になった。

彼女の前側にいた奴がブラを外してセータをたくし上げて胸を揉んでいたので、前は全裸に近いと言っても良い。

既にこの頃になると、異変に気がついた周囲の連中が寄ってきた。

注意するのではなく、触っても問題なさそうと分かると寄ってくるとんでもない奴らだが、この状態は俺にとっては最高だった。

俺はズボンの中からチンコを取り出すと、腰を屈めて彼女のその部分にあてがった。

まさかそこまでされるとは思っていなかったのか、彼女は必死に抵抗してきた。

「やめっ―」

彼女は助けを呼ぼうとしたが、他の痴漢の手で口を塞がれてしまった。

彼女は声も出せないようにされて、寄ってきて触りたくてしょうがない奴らに掴まれて、結局は大した抵抗もできず俺の挿入を許すしかなかった。

ピンヒールブーツを履いていた為、簡単に挿入できた。

彼女の腰を掴んでピストンを始めると、彼女はくぐもった声をあげていた。

彼女は、中途半端な抵抗をしながら俺に突かれていたが、涙ぐんだ顔とくぐもった声に余計に興奮した。

どんどん射精欲が強くなってきて、1分ほどピストンしただけで、俺は彼女の腰をぐっと下に押し、チンコを突き上げて大量に中出しした。

「うっ、うっ、うぅっ」

と射精に合わせて小さく声を出していた。

彼女は泣いていた。

俺は彼女の太股に手を当て、黒パンを足も使って彼女の足首まで下ろすと、落とし物を拾うようにしして、彼女の足首から黒パンを抜き取ると、ポケットに納めた。

これで彼女は歩くだけでパンチラのマイクロミニで、ノーパン状態になった。

俺は十分に堪能させて頂いたので、次の駅で降りたが、彼女は他の痴漢どもに車両のさらに奥に押し込まれて揉みくちゃにされていた。

饗宴はまだまだ続いたはずた。

マイクロミニでノーパン、ブラも外された美女はどうなった事やら

hhtaikendan at 13:30│Comments(0)痴漢告白 | 強姦体験談

コメントする

名前
URL
 
  絵文字